ラマン顕微鏡が活躍する現場を見せてもらおうと、大阪大学大学院工学研究科の山村和也教授の研究室を訪ねました。研究室では、SiC(炭化ケイ素)など半導体の加工面の残留応力の評価などに使っています。

記事はここからご覧ください。